我が家の雑草たち

・我が家で育った雑草。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

エノコロ草
!date

イネ科 全国に分布してます。根は深くありません。葉は、ふわっとしていて肌触りがいい根元を持って抜けば簡単です。大きくなると、げじげじの尻尾のような実のなる植物です。
除草剤 何でもOK 

スズメノエンドウ
!date

マメ科 北海道以外全国に分布している様です。蔓状の茎が四方八方に伸び、地面や背の低い草花を覆ってしまいます。タネはまさに小さな「エンドウ豆」!

除草剤 近くに草花がある場合、または、スズメノエンドウに覆われている場合は、クサノンは不可  結構厄介な雑草です。

ギシギシ
!date

タデ科 多年草 全国に分布しています。根はとても深く根絶やしにするのは、大変です。
除草剤 クサノン粒剤・・長期間効果があります。即効性はあまり無いようです。
    クサノンスプレー・・即効性があります。スポットに噴霧出来、けっこう便利。

スギナ
!date

トクサ科 見た目は綺麗なんですが、茎がもろくて、根っこまでは毟れません。

除草 スギナ枯らし用の除草剤があるようです。私は使ってません。水和剤でしたら効果は、あります。

シロツメクサ
!date

マメ科 ご存知!最初、駐車スペースにちょっとありました。バラスを撒いた殺風景な場所でしたので、ほって置きました。それがいけなかった!スペースを覆い隠すように増えました。それが芝生にも生えてきて!今、我が家の悩みのタネです。

除草 クサノンの水和剤が有効です。2〜3日で茶色く変色してきます。

ヒルガオ
!date

ヒルガオ科 地下茎の植物です。塀際に沿ってどんどん伸びます。
似たものに、「コヒルガオ」というのがあるようですが、葉先のとんがり具合が「コヒルガオ」と比べて丸いので区別しました。花が咲く前にむしってしまうので・・。「マメ科」だと思って調べてました。見つからない訳だ!
ほって置くとバラなどに撒きついて駆除が大変(汗 ちまちま根からとるようにしていますが、途中でちぎれて根絶やしは出来ていません(泣

除草 何がいいんでしょう??タフです。「おのれ!妖怪」と叫んでぶちぶちとむしってます。とても厄介な草です(泣

オオアレチノギク
!date

キク科 南アメリカよりの帰化植物 似たものに「ヒメムカシヨモギ」があります。
ほって置くととても高く伸びます。雨の後の地面がやわらかい時に、根こそぎ引っこ抜きます。

除草 大きくなると抜くのに力が要ります。このくらいの丈までに引っこ抜きましょう。クサノンの粒剤も有効です。

ハルジオン
!date

キク科 北アフリカが原産だそうです。日本へは、大正時代にきたそうです。
似たものに「ヒメジョオン」というものがあるようです。
雨上がりなどに茎を掴んでひっこ抜着ましょう。
とても抜きやすい草、根っこは深くありません。

除草 タンポポと同じです。目立ち、本数も少ないので、抜く!ひたすら抜く!!

カタバミ
!date

カタバミ科 むしるとパチパチと種が勢いよく飛びます。ほっぺたにあたるとチクッと痛い
花は綺麗!

除草 芝(高麗芝)の中ほどに育っているので、ひたすら刈るなり抜くなりの繰り返しです。除草剤は検討中。

ヒメオドリコ草
!date

シソ科 これも沢山生えてます。刈るのに苦労はありません芝生の真中より端っこに多くみられます。

除草 芝(高麗芝)の端っこに育っているので、ひたすら刈るなり抜くなりの繰り返しです。除草剤は検討中。

西洋タンポポ
!date

キク科 日本タンポポとの区別は葉っぱの反り返りがキツイのが、西洋タンポポだそうです。
根っこが深くてなかなか駆除できません

除草 クサノンの粒剤をパラパラと蒔いてます。同じ場所にあるシロツメクサには水和剤が有効なので、粒剤と水和剤を気分で使ってます。

オオバコ
!date

オオバコ科 丼天の小学生の夏休みの課題にオオバコ採りがありました。1人肥料袋2袋がノルマでした。採ったオオバコの根っこ(根っこが大事)を良く洗い、日陰で1週間ほど乾燥させます。
すると三分の一ほどに小さくなり、2袋を集めるのは、大変でした。 道端のやつは、地面が固くて根っこまで綺麗に採るのは、作業効率が悪い!そこで、近くの果樹園へお願いして、採らしていただきます。果樹園は地面がふんわりとしていて、すごくとりやすい。しかし、友達も狙っていて、夏休みが始まったら、すぐ採らないとなくなっちゃう(笑
夏休みが明けて、体育館に「オオバコ」やら「ゲンノウショウコ」といった薬草が山積みにされます。
不思議な匂いがしていました。
これを、業者さんに売って、備品を買ったようです。

除草 根っこうは太くて深い!なかなか抜けません!!
クサノンの水和剤が有効なので、500倍に薄めたものを「ジョーロ」で蒔きます。

ノボロギク 6月撮影
!date

キク科 白い綿毛のような花が特徴です。大きくなると茎も太くなり根っこも抜きにくくなりますが、今のところ多く無いので引っこ抜いてます。

ツユクサ
!date

ツユクサ科 茎には、節があり折れやすい。根っこは浅く抜きやすい。
地表を這うように増えていきます。

除草 薬剤には、比較的弱いので、雑草剤なら何でもOK?

丼天は、ツユクサは好きです。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -